自作で家庭用太陽光発電

導入に多額の費用がかかる太陽光発電ですが、ある程度の電気知識があれば安価で小規模な太陽光発電システムの構築も可能です。

自作で家庭用太陽光発電(1)

東日本を襲った大震災を機に、安定的な電力供給が確実なものでは無くなりました。 今後も電気需要によっては計画停電などが実施される可能性は充分ありますし、いつまた何らかの災害に見舞われるかという不安も付きまとっています。 東京電力を始めとした各電力会社の"ミスリード"によって近年急増したオール電化住宅によって電気需要が大幅に増加してしまった、という問題はあります。 ですが、オール電化住宅などに多く設置されている「太陽光発電システム」については、電気を自給自足できる点で、今後もますます需要は増して行くでしょう。 ですが、太陽光発電システムの設置には高額な費用が必要、という問題があります。 最近、低価格で高品質な太陽光発電システムが発売されるようになりましたが、それでも家庭で使用する電気をまかないつつ、売電まで可能なシステムとなると200万円程度は最低限必要になります。 いくら太陽光発電システムが魅力的でも、これだけの費用をかけて設置するのは通常はかなり難しいです。 そんな中、もっと小規模ですが非常時の電力をまかなうための電源を確保するために自作で家庭用の太陽光発電システムを構築する人達が増えています。 太陽光発電システム、というととても素人が手を出せるようなものではないとイメージするかもしれませんが、基本的には、 ・発電のための太陽光発電モジュール(太陽光パネル) ・発電した電気を貯めておくためのバッテリー ・太陽光パネルとバッテリーをつなぐコントローラー(チャージコントローラー) ・バッテリーから家庭用の交流電源に変換するインバーター の4つさえあれば太陽光発電は可能です。 自作で家庭用太陽光発電を行う需要が増えていることもあり、これらの商品は多く取り扱われているので探すのは難しくありません。 楽天などの通販でも大量に販売されていますし、大型の小売店では専用コーナーが設けられていることも多いので、安価で購入することも可能です。 もちろん性能や耐久性、効率などによって価格はまちまちですが、一般的な価格帯としては、太陽光パネルが5万円、バッテリーが2万円、チャージコントローラーが1万円、インバーターが2万円程度ですので、システム全体でも10万円程度ですべて揃えることができます。 前述した通り、自作できる家庭用太陽光発電システムは小規模なので電力量も少ないです。 使用方法にもよりますが、非常時に消費電力の少ないもの(携帯の充電や小型テレビの視聴など)を数時間使えるだけの電力がまかなえる程度と考えてください。 それでも10万円程度の安価な出費で非常時の電力が確保できることと、太陽光ですから半永久的に発電が可能なことを考えると充分に魅力的な選択と言えます。

自作で家庭用太陽光発電(2)

節電の必要性が叫ばれて久しいですが、今後も夏場に電力消費量が増えた場合には計画停電が実施される可能性もありますし、何らかの災害で停電になる可能性もあります。 非常時の電力確保のために太陽光発電システムの需要が増していますが、本格的なシステムの導入のためには200万円を超える投資が必要ですから、誰しもが簡単に導入できるものではありません。 そこで、自作で小規模な太陽光発電システムを構築しようと考える人が増えているようです。実際、太陽光発電に必要な構成は、 ・発電のための太陽光発電モジュール(太陽光パネル) ・発電した電気を貯めておくためのバッテリー ・太陽光パネルとバッテリーをつなぐコントローラー(チャージコントローラー) ・バッテリーから家庭用の交流電源に変換するインバーター の4つだけですから、ある程度の電気的な知識さえあれば誰でも簡単に安価で太陽光発電システムを構築することは可能なのです。 それぞれの構成品を選択する際のポイントとしては次のようになります。 ・太陽光パネル 太陽光パネルには単結晶、多結晶など様々な種類がありますが、自作のシステムであれば必要となる発電量はさほど大きくないので安価なもので充分です。 選ぶポイントは自分の構築するシステムの電圧に合ったものを選ぶことです。 自作のシステムではバッテリーを使うので12V系か24V系になりますが、基本的には自分のシステムの電圧よりも最大出力時動作電圧が高いものを選べば良いです。 ・バッテリー 電圧は12Vか24Vのどちらかになりますが、電流値によって様々な選択肢があります。 自分が非常時に使いたいものの消費電力から逆算して決めましょう。 つまり、仮に20Wの消費電力の機械を使いたい場合、12Vのバッテリーだと20W÷12V=1.7Aの消費電流になります。 これをどれだけの時間使いたいかを出すには、1.7A×使いたい時間で求められます。 これがAhという表現になります。仮に5時間使いたければ1.7A×5=8.5Ahとなりますね。 一般的にはバッテリーの30%程度で使うのが良いとされているので、8.5Ah×3.3=28.1Ah以上のバッテリーであれば良いということになります。 ・チャージコントローラー チャージコントローラーは雨天時などで太陽光パネルで発電されていないときにバッテリー側からの逆流を防いだり、過電流、過電圧が発生しないように制御するものです。 チャージコントローラーによって充電効率が左右されるので、できるだけ充電効率の高いものを選ぶのが良いでしょう。 理想的には充電効率が95%以上のものが良いです。 最近は充電効率の高いものが安価で販売されていますし、太陽光パネルにセットで販売されるケースも多いですから、入手は簡単です。 ・インバーター バッテリーは直流電源なので、家庭用の様々な機器を動かすためには交流電源に変換しなければなりません。それを行うのがインバーターです。 インバーターには定格出力があり、定格以上の高い消費電力のものを動かすことはできません。 自分の動かしたい機器の消費電力に合わせてインバーターも選択しましょう。 ただし、インバーター自体でも待機電力がありますし、動作中はファンなどで電力を消費します。 高出力なインバーターほど消費電力も大きくなるので、注意が必要です。

家庭用太陽光発電の体験談